エルドアカジノの規約はどのようになっているのか?

エルドアカジノ

オンラインカジノに関わらず、様々なサービスを提供しているものでは基本的に利用規約というものが設けられており、この規約を違反すると罰せられたり、規約違反としてアカウントの停止といった処置を受けることがあります。

エルドアカジノでも同様に、規約というものが定められております。

中々、規約を最初から最後まで読むということはないことも多いかもしれませんが、意外な落とし穴があったりなどと把握しておくことは重要なことでもあり、場合にはよっては意図的に行っていない場合でも規約違反に触れてしまうということもあるため注意をしましょう。

エルドアカジノの規約に関しては以下から確認することができるため、時間があるときに少し目を通しておくことをおすすめします。

 エルドアカジノの規約を確認する

 

【エルドアカジノの基本的な規約は?】

オンラインカジノは、違法と扱っている国も多く、居住国によってはプレイが一切禁止されていることがあります。

エルドアカジノの規約において、プレイできない国の代表例としてはアメリカ合衆国、マカオ、ドイツ、イタリア、イギリス、フランス、香港、台湾といった国に居住をしている人はエルドアカジノを利用することはできません。

カジノの本場としても有名なマカオやラスベガスのあるアメリカ合衆国に居住している人はプレイすることができないなどと意外な面もあることがわかると思います。

現状では日本に居住している場合にはプレイが可能となっているため安心してプレイすることができます。

【エルドアカジノでは注意をしないといけない記載もある】

見落としがちな規約でありますが、特に注意をしないといけないことがアカウント関連の規約となっています。

エルドアカジノでプレイをする際にアカウント登録をする必要があり、プレイするには毎回登録をしたアカウントでログインをし、アカウントに入金をしてプレイする必要がありますが、エルドアカジノの利用をしていないと休眠作業を実施されてしまう可能性があります。

仮に、エルドアカジノのアカウント内で利用することができるチップが残っている場合においても、エルドアカジノの運営側が定期的に休眠アカウント確認作業を実施しており、プレイヤーのアカウントが休眠口座とみなされた場合にエルドアカジノ運営側から連絡がくることがありますが、こちらの連絡を12カ月取らないと強制的にアカウントが削除されてしまうということになります。

そのため、エルドアカジノでプレイをしていたのにも関わらず最近遊んでいないなと思う人は定期的にログインを行ったりすることをおすすめします。

【エルドアカジノはマネーロンダリングは当然禁止行為】

オンラインカジノの規約として、必ずといってもいいほど明記されているのがマネーロンダリングに関する内容です。

元々、オンラインカジノに限らず、各国のカジノにおいて脱税目的や不当に得たお金の隠し場所や浄化先として利用されることが多く、犯罪行為でもあるマネーロンダリングですがオンラインカジノでも当然禁止行為となっており、こちらに関しての処罰は非常に重いものとなっています。

 

マネーロンダリングと疑わしき場合には即アカウント停止を求められ、手にした配当やアカウント口座内にあるチップに関してもすべて没収といったことにも繋がるため絶対に行わないようにしましょう。

その他にもエルドアカジノの禁止行為は規約に明確に記載をされているため、こちらに関してに規約は必ず確認をしておくようにしましょう。

 

オンラインカジノの規約はあまり目を通す機会は少ないですが、知らなかったでは済まされないことも多くあります。

予期せぬトラブルを防ぐためにもしっかりと確認しておくことが安心して遊べるポイントでもあります。

 エルドアカジノの規約を確認する

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました